若ハゲは男性ホルモンの影響?

ある程度、年を取ってくると多くの人が髪が薄くなってきたと感じるようになります。

これは加齢によって髪の毛を古いものから新しいものへと入れ替えさせる細胞の働きが弱くなったりする老化現象の一種といえますが、中には若くして髪が薄くなってしまう方もいます。

若ハゲの原因は男性ホルモン?

いわゆる若ハゲと呼ばれてしまう状態ですが、なぜ若いうちから薄毛になってしまうのかというと、その原因として挙げられるのが男性ホルモンです。

20代、30代と若い世代は男性ホルモンが活発に分泌されています。

誤解している人もいるようですが、男性ホルモン自体が必ずしも若ハゲを招くわけではありません。

若ハゲ進行の原因は?

男性の中には男性ホルモンがジヒドロテストステロンという脱毛を促す悪玉ホルモンに変化してしまう体質を持っている方がいます。

この場合、ホルモンの分泌が盛んな時期に脱毛を引き起こし若ハゲとなってしまうのです。

これは、男性ホルモン自体が悪いのではなく、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素が一緒になることで悪玉のジヒドロテストステロンになるのです。

若ハゲは10代でも

先の原因により、当然、10代からでも体質によっては薄毛になってしまうことがあるのです。

ただし、体質がそうであるからといって必ずしも若ハゲになるわけではありません。

若ハゲの他の要因とは?

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなど様々な要因が複合的に重なることで発症することがほとんどです。

こうした症状のことを男性型脱毛症AGAと呼びますが、特に家系的に薄毛が多いような場合は若いからといって安心してはいけません。

遺伝的に同じような体質を受け継いでいる可能性もあるため、髪が細くなってきたり、抜け毛が増えてきたと感じたような場合には、早めに対処することが薄毛の進行を食い止めるためには必要です。

若ハゲの対処法とは?

対処法はいくつかありますが、まず自分で対処する場合には、育毛剤や育毛シャンプーなどの使用からはじめてみるとよいでしょう。

特に男性ホルモンを抑制する成分が入っているものを選ぶと効果的といえます。

ただし、初期の男性型脱毛症AGAに効果的だったとしても、ある程度、薄毛が進行している場合はあまり効果が見られないこともあります。

そのような時に諦めて放置してしまうとますます症状が進行してしまうため、専門病院で投薬治療や発毛治療などを受けることを視野に入れて考えるようにしましょう。