若ハゲの原因ベスト3とは?

10代の時からなってしまう人もいる若ハゲの原因として、いくつかの要因が挙げられますが、その中でも多いものがあります。

第3位・栄養不足

第3位は栄養不足です。

髪の毛を生やすには当然のことながら栄養素が必要になります。髪を生やす際に必要な栄養素が欠乏すれば、健康な髪の毛が生えてこず、細い髪の毛しか生えてこないことがあります。

細い髪の毛は抜けやすいため、若ハゲの原因となってしまうのです。また、不摂生やダイエットなども若ハゲの要因となってしまいます。

ですので、しっかりした食事、栄養素を摂取していくことが大切なのです。

第2位・頭皮への負担

第2位は頭皮への負担です。

特に若者は髪を染めたり、太陽光の下で活動したり、頭皮に無理を強いるようなことをよくします。

特にヘアースタイルは、ワックスなどの整髪料やヘアカラー、パーマなどを要するとその分、頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

整髪料はちゃんと洗い流さないと毛穴に詰まってしまい、頭皮の環境を損ねることが言われています。

こうしたことの積み重ねが若ハゲにつながり、取り返しのつかない状況を招くことになるのです。

第1位・遺伝

第1位は遺伝です。

若ハゲが遺伝するというより、ハゲやすい体質が遺伝することになります。

それに加え、食生活も似通うため、父親、もしくは祖父と同じような状況になってしまうことが言われています。

ハゲやすい体質に加え、頭皮への負担、そして栄養不足などが重なれば、とても厳しい状況になってしまうのです。

現在しっかり髪が生えていて、ベスト3に上げた原因の1つが仮に該当したとしても、すぐには進行するということは考えにくいですが、いくつかの要因が重なりそうな場合にはそれを改善するだけでも十分な効果があります。

父親、もしくは祖父がハゲている場合には遺伝している可能性が高いため、栄養不足に気を付ける、頭皮への負担に注意を払うといったことが可能です。

こうしたことに注意していけば、若ハゲから身を守ることができます。