若ハゲに育毛シャンプーは効果的か?

若ハゲの原因には、遺伝や頭皮の刺激・負担、栄養不足、血行不良、病気などを原因とすることが多いです。

若ハゲの遺伝?

遺伝を原因とするケースでは、親がハゲていれば約20%の割合で子供もハゲると言われますが、年齢が若い段階からハゲるのは、不規則な生活やストレス、間違ったヘアケアなどで頭皮に刺激や負担を与えているからとなります。

ヘアケア方法

なかでもヘアケアをする上では、洗髪で頭皮や髪の汚れを落とすためシャンプーを使用しますが、そのシャンプーが頭皮に刺激や負担を与えている可能性があります。

シャンプーにも様々な種類が存在し、フケやかゆみが強いと洗浄力が強いシャンプーを使用しがちですが、逆に強力な洗浄力が頭皮の皮脂を取り過ぎることによって、かえって頭皮環境を悪化させてしまいます。

頭皮の皮脂

実際に頭皮の皮脂を取り過ぎると肌の作用により、乾燥しやすくなるため、それを防ごうとさらに皮脂を生み出そうとする働きが強まるからです。

当然、皮脂の量が増えていくと頭皮の毛穴が詰まったりすることとなり、毛穴が詰まることでハゲの原因にも繋がっていきます。

石油系成分のシャンプー

他には石油系の成分が配合されているシャンプーがあり、石油成分は頭皮に対しても刺激を与える成分で、フケやかゆみなどを起こし、頭皮環境の悪化から若ハゲに至ります。

そこで若ハゲに育毛シャンプーを活用することは有効な対策となり、原則として育毛シャンプーはアミノ酸系の成分や天然植物由来の成分を配合し、それによって優しく洗い上げる形となります。

頭皮の保湿

しかも皮脂を総て取り除くのではなく、適度に残した状態をキープしてそれによって頭皮の保湿を維持することが可能となります。

頭皮の保湿が維持できていれば、フケやかゆみなども生じにくくなり、頭皮環境も良好にすることもできます。

また育毛に優れた髪を生えてこさせるための栄養分を配合されるケースもあります。

例えば不飽和脂肪酸などで頭皮の酸化自体を防ぎ、ハゲになりにくくすることにも繋がり、髪の毛も生えてきやすい土壌となります。

このように遺伝が原因でない若ハゲの場合は、普段利用されているシャンプーを育毛シャンプーに変えるだけで、ハゲにも有効なケースも多いです。

シャンプー関連

体の悩みとして髪の毛以外にも体臭など気になりますよね。

加齢臭は本当に周りに迷惑をかけますので対策が本当に必要になります。

そこでボディシャンプーなどを有効に使うことが対策の1つになりますが、あちこちチェックしてみると、加齢臭対策としてクリアネオから発売されたボディーソープがけっこう良さそうです。

わきがクリームで有名なクリアネオですので、加齢臭用のクリアネオボディーソープも期待できるでしょう。

もし、体臭も気になる場合はちょっと試してみてもいいかもしれませんね。