若ハゲは血行が悪いと進行する?

若ハゲの問題は、普段の生活習慣や食事の質によって増大することがありますが、特に血行の良し悪しによって受ける影響が大きくなります。

若ハゲと血液ドロドロ

日頃から運動することが少なく、食事では脂肪分が過多な肉類を中心にして食べていれば、血液はドロドロの状態に変化していきます。

このような状態になれば、頭皮に与える影響が大きくなり、常に新陳代謝を繰り返している毛周期のリズムにも悪影響を与えることになります。

若ハゲ予防

若ハゲの問題が表面化する前には、現在の生活習慣を客観的に分析して、多角的に判断することが大切です。

さらに、他人とは明確に違う体質を把握して、最も適合する健康法を実践すれば、問題は徐々に軽減していきます。

筋肉量が少ないために基礎代謝が鈍い場合には、運動量を十分に増やしながら、食事では発汗をともなう食材を使うようにします。

血行を良くする

生姜をよく食べていれば、発汗や温熱の作用で血行が促進して、若ハゲの原因を取り除くことができます。

血行を良くするためには、食事や運動の習慣を整えるだけでなく、入浴によって適度な刺激を与えることも重要です。

夏場であっても湯船に浸かることで、全身から汗が流れて、毛穴を広げることができます。

同時に血流が体の隅々にまで行き渡るため、結果的には頭皮の部分にも良い影響を与えて、若ハゲの問題に対処できるようになります。

シャワーだけ入浴を済ませてしまう人も多いですが、総合的な健康も考えて、湯船を積極的に利用することが大切です。

生活習慣も

初期の若ハゲの状態になっているときには、生活習慣の乱れを取り除くことで、進行を食い止めることも可能です。

何の問題もない状態から予防対策をすることは重要ですが、ある程度の問題が表面化してからは、諦めてしまえば取り返しがつかなくなります。

まだまだ若い世代なのですから、血行を改善するための努力をして、早急に対処することが理想です。

早めに対策をしておけば、季節の変化に対しても強くなり、結果的には加齢に対抗しながら髪の毛を保てるようになります。